100日ブログマラソン

【スープの冷めない距離で】

こんにちは、ゆりです。

最近、毎週日曜夜に遊びに来てくれる近所のお友達がいます。

チャリンコで2〜3分。

気軽に、

「今日鍋だけど、来ない?」

というかんじで。

今晩のごはん。

切った野菜・きのこ・豆腐・肉・麺

をぶち込んだ鍋。


(揚げ物は持ってきてくれた!)

この家族と出会って3年目。

気軽に誘えて、都合が悪かったら気軽に断れる関係性になれたのは、ほんとここ最近。

気軽に誘えて、気軽に断れる


『今日遊びたいな』

って思った時、

忙しくないかな
無理してないかな
気を遣わせてないかな

とか色々最初は気になってて、


だから、誘わない。

声かけれない。

となることもあったり。


時に断られた時に、自分の解釈を入れて勝手に落ち込んだり。

このブログのタイトルにもあるように、
『産後ケア教室では「地域でつながりをつくる」
ことも目的のひとつです!』

といいながら、

遠慮して、

一歩踏み込んだ先の関係が怖くて、

時にちょっと面倒臭くて、

気を遣いすぎて逆に疲れてしまったりして、

なかなか私自身が実践できない。

ということが、実はありました。

でも今は、

『家族3人でいたい』

と思ったらそうするし、

『ひとりでいたい』

と思ったら家族に伝えてそういう時間を少しでもつくるし、

『わいわい過ごしたい』

と思えば家族の意見を聞いて誘ってみる、

ということが前よりも軽やかにできるようになったかもしれない。

昨日は誘った家族のママが誕生日だったので、でもちょうどノープランだったらしくシャンパンと揚げ物と🎂を買って、きてくれた。みんなで乾杯。

こどもたちは大喜び。

小学生のお兄ちゃんがいるので、

お風呂はこどもたちだけで入って、それもまた楽しそう。

明日は月曜日だから、21時前には

『また明日ね』ってばいばい。

スープの冷めない距離

親しい友達が前に使っていた言葉なんだけど、

まさに、これだなあ〜と思って、

私もすごく好きになりました。

 

夫も私も地方出身者。

昔はご近所付き合いが面倒くさいなーと感じることも多々あったけど。

でも東京のマンション住まいだと、

お隣さんの名前も知らないぜ、なんてことザラにある。

核家族なので、週末はずっと3人で、ということも簡単に選択できる。

でも、そうじゃない社会もこどもにもみせたいし、知ってほしい。

そしてなにより私自身も、信頼できるつながりを

スープの冷めない距離でつくっていきたいんだな。

 

分かち合うことは、面倒くさいこともある。

でもその先にはとてつもない楽しさと安心感があった。

 

まずは1家族から。

また広がっていく予感。

★産後ケア教室★

同じメンバーで2時間×4回、1ヶ月で心身のリハビリと心強い仲間ができます。

【受付中】三鷹教室 毎週火曜日10:00-12:00 三鷹駅徒歩5分
【受付中】本郷教室 毎週金曜日10:30-12:30 本駒込駅徒歩2分・白山駅徒歩4分
【新規開講】神楽坂・飯田橋教室 毎週木曜日10:00-12:00 飯田橋駅徒歩4分